A

add

種別

コマンド

重要度

★☆☆☆☆

書式
?cmd=add&page=ページ名
概要

既存のページに編集した内容を追加する。実行すると編集画面になる。

ページ名は省略できない。ページ名はエンコードされていなければならない。

言語ファイル設定
  • $_title_add
  • $_msg_add
備考

もともとデフォルトのskinでメニューの「追加」として使われていたが、editコマンドで事足りるため、現在のデフォルトのskinではメニューから外されている。

aname

種別

インライン型プラグイン

重要度

★★★☆☆

書式
&aname(アンカー名);
#aname(アンカー名)
概要

指定した位置にアンカー(リンクの飛び先)を設定する。

ブロック型プラグインとしても使用できる。

アンカー名は省略できない。

備考

通常はインライン型プラグインとして使用する。

2つのブロック型プラグインに挟まれた部分にアンカー設定したい場合にインラインとしては記述できないため、ブロック型プラグインとしても使えるようにしてある。例外的措置。

なお、1.3.5まではブロック型プラグインだったが、1.4からインライン型プラグインになった。

article

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★★★☆☆

書式
#article
概要

指定した位置に簡易掲示板を設置する。

言語ファイル設定
  • $_btn_name
  • $_btn_article
  • $_btn_subject
  • $_title_collided
  • $_msg_collided
  • $_title_updated
プラグイン内設定
  • article_COLS
  • article_ROWS
  • NAME_COLS
  • SUBJECT_COLS
  • NAME_FORMAT
  • NO_NAME
  • SUBJECT_FORMAT
  • NO_SUBJECT
  • ARTICLE_INS
  • ARTICLE_COMMENT
  • ARTICLE_AUTO_BR
  • MAIL_AUTO_SEND
  • MAIL_FROM
  • MAIL_SUBJECT_PREFIX
  • $_mailto

attach

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★★★★★

書式
#attach
概要

指定した位置にファイル添付のための入力フォームを設置する。

コマンドラインから?plugin=attach&page=ページ名&pcmd=…としてattachの各機能を使用することは可能だが、ページ名はエンコードされていなければならない。手入力で実行することはまずない。

言語ファイル設定
  • msg_uploaded
  • msg_deleted
  • msg_freezed
  • msg_unfreezed
  • msg_upload
  • msg_info
  • msg_confirm
  • msg_list
  • msg_listpage
  • msg_listall
  • msg_file
  • msg_maxsize
  • msg_count
  • msg_password
  • msg_adminpass
  • msg_delete
  • msg_freeze
  • msg_unfreeze
  • msg_isfreeze
  • msg_require
  • msg_filesize
  • msg_date
  • msg_dlcount
  • msg_md5hash
  • msg_page
  • msg_filename
  • err_noparm
  • err_exceed
  • err_exists
  • err_notfound
  • err_noexist
  • err_delete
  • err_password
  • err_adminpass
  • btn_upload
  • btn_info
  • btn_submit
プラグイン内設定
  • MAX_FILESIZE
  • ATTACH_UPLOAD_ADMIN_ONLY
  • ATTACH_DELETE_ADMIN_ONLY
  • ATTACH_PASSWORD_REQUIRE
  • ATTACH_CONFIG_PAGE_MIME
備考

プラグインではあるが、デフォルトのskinのメニューの「添付」でコマンドのように呼び出しているため、デフォルトのskinを使う場合には必ず組み込んでおかなければならない。

B

back

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆

書式
#back(表示文字列,表示位置,水平線の有無,戻り先)
概要

指定した位置に戻り先へのリンクを設置する。

表示文字列は省略すると「戻る」になる。

表示位置は、left、center、rightを指定する。省略時はcenterになる。

水平線の有無は、0、1で指定する。省略すると1になる。

戻り先はURLで指定する。現状ではWikiNameBracketNameを指定できない。省略すると直前のページになるが、利用者のブラウザの設定がJavaScript? onでないと機能しない。

備考

JavaScript?を使わない場合は、InterWikiName及びAliasでbackプラグインと同じことが簡単に実現できる。backプラグインでは戻り先をWikiNameBracketNameで指定できないため、JavaScript?を使わないとPukiWiki内での移動には使いにくい。

backプラグインをインストールする場合は、スキンの<head>ブロック内に<meta>タグでJavaScript?のContent Script Typeを宣言しておかなければいけない。

backup

種別

コマンド

重要度

★★★★★

書式
?cmd=backup&page=ページ名
概要

指定したページのバックアップ一覧を表示する。

ページ名を省略すると、PukiWIki全体のバックアップ一覧を表示する。ページ名はエンコードされていなければならない。

言語ファイル設定
  • $_msg_backuplist
  • $_msg_diff
  • $_msg_nowdiff
  • $_msg_source
  • $_msg_backup
  • $_msg_nobackup
  • $_msg_view
  • $_msg_goto
  • $_msg_deleleted
  • $_msg_addline
  • $_msg_delline
  • $_title_backupdiff
  • $_title_backupnowdiff
  • $_title_backupsource
  • $_title_backup
  • $_title_pagebackuplist
  • $_title_backuplist

bugtrack

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆ (一般サイト)

★★★★☆ (ソフト開発サイト)

書式
#bugtrack(ページ名,種別1,種別2…)
概要

指定した位置にbugtrackフォームを設置する。

ページ名はbugtrackで作成される記事の親階層となるページ名を指定する。bugtrackは、記事ごとに指定したページ名の子階層に番号を自動的に振ってページを作成していく。

種別は複数個指定することで選択肢となる。

言語ファイル設定
  • $_bugtrack_plugin_priority_list
  • $_bugtrack_plugin_state_list
  • $_bugtrack_plugin_state_sort
  • $_bugtrack_plugin_state_bgcolor
  • $_bugtrack_plugin_title
  • $_bugtrack_plugin_base
  • $_bugtrack_plugin_summary
  • $_bugtrack_plugin_priority
  • $_bugtrack_plugin_state
  • $_bugtrack_plugin_name
  • $_bugtrack_plugin_date
  • $_bugtrack_plugin_body
  • $_bugtrack_plugin_category
  • $_bugtrack_plugin_pagename
  • $_bugtrack_plugin_pagename_comment
  • $_bugtrack_plugin_version_comment
  • $_bugtrack_plugin_version
  • $_bugtrack_plugin_submit
備考

ソフト開発サイトで重宝するプラグインだが、上記の言語ファイル設定で表示文字列を変更すれば、意見提案コーナーや書評投稿コーナーなど他の用途でも使える。

bugtrack_list

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆ (一般サイト)

★★★★☆ (ソフト開発サイト)

書式
#bugtrack_list
概要

指定した位置にbugtrack一覧を設置する。

備考

通常はbugtrackプラグインと並べて使用する。

bugtrack_listプラグインの中からbugtrackプラグインを呼び出しているため、bugtrackプラグインがないと機能しない。

C

calendar、calendar_edit、calendar_read

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆

書式
#calendar(ページ名,年月)
#calendar_edit(ページ名,年月)
#calendar_read(ページ名,年月)
概要

指定した位置にカレンダーを設置する。

ページ名を省略すると設置したページのページ名になる。ページ名はWikiNameまたはBracketNameで指定する。

年月日はyyyymmの形式で指定する。省略した場合は現在の年月になる。

calendar_editは編集用、calendar_readは表示専用。

言語ファイル設定
  • $_msg_week
備考

より高機能なcalendar2プラグインがあるため、あえてcalendarプラグインを使う必要性はほとんどなくなった。

calendar_editプラグイン及びcalendar_readプラグインの中からcalendarプラグインを呼び出しているため、calendarプラグインがないと機能しない。

calendar_viewer

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★★★☆☆

書式
#calendar_viewer(ページ名,[表示年月|表示件数|this],表示モード,年月日表示の区切り文字)
概要

calendarプラグインまたはcalendar2プラグインで作成されたページを指定した位置に表示する。

ページ名はcalendarプラグインまたはcalendar2プラグインを設置しているページの名前を指定する。ページ名はWikiNameまたはBracketNameで指定する。

年月はyyyy-mmの形式で指定する。数字を指定すると表示する件数を意味する。thisを指定すると今月のページを一覧表示する。

表示モードはpast、future、viewを指定する。pastは今日以前のページを表示、futureは今日以降のページを表示、viewは過去から未来へ一覧表示。表示モードを省略するとpastになる。

年月日の区切り文字は-や/などを指定する。省略した場合は-になる。

言語ファイル設定
  • $_err_calendar_viewer_param
  • $_err_calendar_viewer_param2
  • $_msg_calendar_viewer_right
  • $_msg_calendar_viewer_left
備考

calendarやcalendarプラグインでは今日の日付の記事がない場合、記事を表示しないため、午前0時になったとたんに記事が表示されなくなるという弱点があった。その弱点を補うために開発されたプラグイン。calendar_viewは、日付が変わっても最新の記事を表示することができる。カレンダーそのものの表示はcalendar2(off)で行なう。

calendar2

種別

(コマンド)

ブロック型プラグイン

重要度

★★★☆☆

書式
#calendar2
#calendar2(off)
概要

指定した位置にカレンダーを設置する。表示月のとなりに表示されたリンク(<< および >>)を選択することで前月/翌月分のカレンダーを表示できる。

当日分のページが作成されていた場合、カレンダーの右隣に当日分のページ内容を表示する。引数offを付けると当日分ページを表示する機能は抑制される。

備考

calender_editで作成したページはページ名/yyyymmddとなり、calender2で作成したページはページ名/yyyy-mm-ddとなるため、注意が必要。

color

種別

インライン型プラグイン

重要度

★★★★☆

書式
&color(文字色){文章};
&color(文字色,背景色){文章};
概要

引数で指定したインライン要素(主に文章)の、文字色・背景色を指定する。

備考

文字色,背景色の指定は6桁の16進数値(rrggbb)か、色名を指定する。

以下、W3C勧告書より抜粋した色名。

Aqua = "#00FFFF",
Black = "#000000",
Blue = "#0000FF",
Fuchsia = "#FF00FF",
Gray = "#808080",
Green = "#008000",
Lime = "#00FF00",
Maroon = "#800000",
Navy = "#000080",
Olive = "#808000",
Purple = "#800080",
Red = "#FF0000",
Silver = "#C0C0C0",
Teal = "#008080",
White = "#FFFFFF",
Yellow = "#FFFF00"

comment

種別

コマンド

ブロック型プラグイン

重要度

★★★★★

書式
#comment(引数)
概要

引数へはabove,below,nodate,nonameのいずれかを指定する(順不同、半角カンマで区切って複数指定可、省略可)。

  • above − 入力したコメントがコメント入力欄の上に追加される
  • below − 入力したコメントがコメント入力欄の下に追加される
  • nodate − 挿入するコメントに、挿入時刻を付加しない(デフォルトは付加する)
  • noname − コメント記入者名の入力欄を非表示とする(デフォルトは表示)
備考

COMMENT_NOW_FORMATを変更して、newプラグインと併用するのがお勧め。

counter

種別

ブロック型プラグイン

インライン型プラグイン

重要度

★★★☆☆

書式
#counter
&counter(カウンタ表示対象);
概要

カウンタ表示対象には today,yesterday,total いずれかを指定する。省略時やその他の文字列を指定した場合はtotalが指定されたとみなされる。

  • total − そのページが参照された回数の総計を表示する
  • today − そのページが参照された回数(当日分)を表示する
  • yesterday − そのページが参照された回数(昨日分)を表示する

D

deleted

種別

コマンド

重要度

★★☆☆☆

書式
?cmd=deleted
概要

削除されたページの一覧を表示する。

備考

公開Wikiの管理者にとっては誤操作や悪意をもった編集によるページ削除をチェックするのに重宝する。

diff

種別

コマンド

重要度

★★★★★

書式
?cmd=diff&page=ページ名
概要

指定したページの現在の内容と最後のバックアップ状態との差分を表示する。ページ名はエンコードされていなければならない。

備考

最後のバックアップ以外との差分を表示する場合はbackupを利用する。



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS