• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[Help]]
* 追加プラグイン [#af9cc25d]
このサイト内で使われている追加プラグイン一覧。
#contents
#hr
*A [#c94c2ddd]
**addline [#u30ee103]
:種別|
~ブロック型プラグイン / インライン型プラグイン
:使用場所/使用用途|
~口調ページの項目追加
:書式|
 #addline(設定名,[above|below|up|down|btn:<ボタン名>|ltext:<左テキスト>|rtext:<右テキスト>])
 &addline(設定名,[before|after|above|below|up|down]){<リンク名>};
:|概要
~ボタンやリンクを押すと、設定ページで指定した文字列を追加する。~
行単位の追加。インライン型は同じ行内での文字列単位で追加も可能。~
ボタンやリンクの表記も変更可。~
引数は以下の通り。
--設定名: 「:config/plugin/addline/設定名」で指定。
--above|below|up|down: #commentと同じで、追加するのがボタンの上か下かの指定
---above − 入力したコメントがコメント入力欄の上に追加される
---below − 入力したコメントがコメント入力欄の下に追加される
--btn - submitボタンに付ける名前
--ltext,rtext: submitボタンの左右につけるテキスト
--before,after: インライン型の場合に、追加するのがリンクの前(左)か後(右)の指定
:配布先|
~「[[公式サイト:http://pukiwiki.sourceforge.jp/]]&gt;自作プラグイン」参照。

*C [#l6f2b3b6]
**calendar(改) [#kf584a66]
:種別|
~ブロック型プラグイン
:使用場所/使用用途|
~トップページの日記
:書式|
 #calendar(オプション指定)
:概要|
~指定した位置にカレンダーを設置する。機能としてはcalendar2プラグインの改良型。~
既存のプラグインではページ名と表示年月日、日記の非表示ぐらいしか設定できなかったが、~
このプラグインでは色々な機能が搭載されている。~
オプション設定は以下の通り。各設定は「,」で区切って使用できる。
--''ページ名'' - ページ名で表示するページの上位階層のページ名。 ページ名を省略すると設置したページ名。
--''日付'' − 日記を表示する日付。(例2005年1月1日→20050101)
--''+数値 or -数値'' − 表示するカレンダーを±数値ヶ月ずらす。
--''off'' − 日記を表示しない。
--''clear'' − 日記を表示しないときの回り込みを解除する。
--''right'' − カレンダーを右側に表示する。
--''split'' − カレンダーの下へ日記が回り込まないようにする(calendar2のように表示する)。
---通常は回り込むように表示される。
--''nolink'' − カレンダーの各日のページへのリンクをなくす。
--''notitle'' − カレンダー上部の設置ページ名を表示しない。
--''nocaption'' − 日々の日記のタイトルを表示しない。
--''mon'' − カレンダー表示を月曜スタートにする。
--''mini'' − カレンダー表示を小さくする。
--''past'' − 過去の日記を表示する(本日の予定が無い場合に、古い1件を表示する)。
--''future'' − 未来の予定を表示する(本日の予定が無い場合に、次の1件を表示する)。
--''viewer , viewer=n'' − カレンダーの下に過去の日記、もしくは、将来の予定を表示する(別途futureを指定すると将来の予定表示になります)。
---nは表示件数です。省略時は10件表示します。
--''trackback'' − Trackback件数を表示する。
--''comment'' − コメントフォームの設置、コメントを表示する。設置と表示されるのは、設定した後に書いた日記から。

:備考|
~最初から入っているcalendarプラグインと入れ替えてある(元calendarプラグインは名前を変えてある)。
:配布元|
~[[teanan.homeip.net>http://teanan.homeip.net/pukiwiki/?FrontPage]]

*E
**exlink
:種別|
~その他?
:使用場所/使用用途|
~外部リンク
:書式|
~#exlink
:概要|
~外部サイトへのリンクに矢印アイコンを付けるプラグイン。
:引数|
~なし
:備考|
~別途jsファイルを用意してskinファイルに記述すれば自動で反映してくれる。
:配布元|
~「[[公式サイト:http://pukiwiki.sourceforge.jp/]]&gt;自作プラグイン」参照(外部サイトへのリンクに矢印をつける)。

*L [#z5246f17]
**lsx [#mf5be5c9]
:種別|
~(コマンド)
~ブロック型プラグイン
:使用場所/使用用途|
~日記一覧の過去ログ
:書式|
 #lsx([オプション])
:概要|
~指定したパターンで始まるページ名を一覧表示する、ls2プラグインの改良版です。
:引数|
~option=bool なオプションは共通して、 option, option=true, option=on でそのオプションが有効になり、option=false, option=off で無効になります。
--prefix=文字列 
---リストするページ名の接頭辞。 省略時はカレントページ+"/"が指定されたことになる。 また / を指定した場合はすべてのページにマッチする。~
相対指定(例えば PukiWiki ページにおける ./Hack/ = PukiWiki/Hack/)も可能。
--num=数字 
---表示件数指定。num=1 で1件目を表示。num=-1 で最後の1件を表示。~
num=1:10 で頭から10件表示。num=:10 と書くこともできる。num=10:1 も同義。 num=-10: とすると最後の10件目以降の意味。num=-10:-1 と同義。num=-1:-10 とも書いても同じ。~
num=5+2 で5件目から、そこから2件先まで(5,6,7)の意味。num=5-2 で5件目から、そこから2件前まで(3,4,5)の意味。num=-1+-2 なども可能。~
さらに num=(1,3,5+2) のような表記も可能。
--depth=数字 
---見出しレベル限定。数字の指定は num と同じ書式。
--hierarchy=bool 
---階層的リスト表示。デフォルトで有効。
--tree=leaf|dir 
---末端ページ(leaf)、またはその逆(dir)のようなものを表示する。デフォルトは単純に無効。tree=dir は DOS コマンドの tree のようなニュアンス。~
備考:ようなものなので、ページ名を意識して付けていない場合効果は薄いでしょう。
--basename=bool 
---仮想ディレクトリ表現でのファイル名部分のみを表示する。例:PukiWiki/lsx.inc.php -> lsx.inc.php。~
備考:hierarchy は強制的に off になります(hierarchy の場合すでに basename 的表現になっているので)。
--sort=name|date 
---ソートの方法。name はページ名、date は更新日付(上が最新)によりソートする。デフォルトが name。~
備考:sort=date の場合、hierarchy は強制的に off になります。
--reverse=bool 
---逆順にソートする
--non_list=bool 
---pukiwiki.ini.php で定義される $non_list によるリスト排除。デフォルトで有効。
--except=正規表現 
---リストしないページを正規表現にて指定。prefixを取り除いたページ名で判定。~
ヒント: マッチングには ereg を使用します。 except=Test|sample → Test または sample を含むページを除く。
--filter=正規表現 
---ページパターンをさらに正規表現で限定する。prefixを取り除いたページ名で判定。 prefix=/ (全ての意味) にしてこちらだけを使うのもあり。~
ヒント: マッチングには ereg を使用します。
--date=bool 
---更新日付をページ名の横に表示。
--new=bool 
---更新日付に対してNew!も表示。~
備考:設定を再利用するため new プラグインを使用しています。
--contents=(オプション) 
---ページ内の見出しもリストする。~
備考:内部で contentsx プラグインを使用しているので、詳しいオプションは ../contentsx.inc.php を参照してください。オプションを複数指定する場合は contents=(num=1,depth=1) のようにできます。contents=(num=1,depth=(1,2)) のように入れ子もできます*2。
--include=(オプション) 
---ページを include する~
備考:この場合ページリストは中止され、include だけされます。~
備考:内部で includex プラグインを使用しています。詳しいオプションは ../includex.inc.php を参照してください。オプションを複数指定する場合は include=(num=1:10,title=off) のようにできます
:備考|
~ls プラグインとの違いについて。
--対パス的表示。
--階層的リスト表示。
--階層指定。
--表示件数指定
--pukiwiki.ini.php で設定する $non_list の利用。
--正規表現によるページのフィルタ
--正規表現による除外ページ指定
--更新日時表示
--New 表示
--更新日時によるソート
--link オプション、アクション型プラグイン消去
--複数ページ include
:配布元|
~[[Natoshi Seo>http://note.sonots.com/index.php?FrontPage]]

*N [#vf1d60d2]

**nicotmb [#p4763a9d]
:種別|
~ブロック型プラグイン
:使用用途|
~ニコニコ動画の紹介
:書式|
 #nicotmb(***)
:概要|
~PukiWikiにて[[ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/]]のサムネイルを表示するためのプラグインです。
~nicovideoプラグインと違い、iframeを使っていないため検索に引っかかるようになる。
~「nicotmb_skin.html」書き換えれば表示方法を変えられる。
:配布先|
~[[あっきぃうぃき:http://shrimp.marokun.net/wiki/?NicoTmb]]


**nicovideo [#l115b5ff]
:種別|
~ブロック型プラグイン
:使用用途|
~ニコニコ動画の紹介
:書式|
 #nicovideo(***)
:概要|
~PukiWikiにて[[ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/]]のサムネイルを表示するためのプラグインです。
:配布先|
~[[Epilogue:http://logue.be/]]

*S [#lebc339d]
**secedit.inc.php
:種別|
~その他?
:概要|
~見出し単位で編集可能になるプラグイン。
:配布元|
~[[luntf.com:http://www.luntf.com/]]
:補足|
~ja.lng.php、en.lng.phpの「$_symbol_anchor」を半角スペースにしておくと見栄えがいい(と思う。)

**shiftnote [#m62c8ed2]
:種別|
~インライン型プラグイン
:使用用途|
~口調ページとか色々。
:書式|
 &shiftnote([nohr]);
:概要|
~ページ内の区切りの良い場所に注釈を表示させる。
 *見出し1
 注釈1を含む文章
 &shiftnote();
 *見出し2
 注釈2を含む文章
 &shiftnote();
 *見出し3
 注釈3を含む文章
&br;
注釈1は見出し2の直前、注釈2は見出し3の直前のshiftnoteでそれぞれ表示され、残る注釈3はページ末に従来通り表示される。
:引数|
~nohr - 脚注の前に付く水平線を出力しなくなります。
:配布元|
~[[公式サイト「ページ内の任意の場所で、そこまでの注釈を表示」:http://pukiwiki.sourceforge.jp/?%E8%87%AA%E4%BD%9C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%2Fshiftnote.inc.php]]
*Y [#w4d54059]
**youtube [#we896792]
:種別|
~ブロック型プラグイン
:使用用途|
~ページ内でyoutubeの動画を表示
:書式|
 #youtube(アドレスにあるv=以降の文字列を入力)
:|概要
~PukiWikiにて[[youtube:http://www.youtube.com]]の動画を表示するためのプラグインです。
:配布元|
~[[NinjaTips:http://www.ninjatips.org/index.php]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS