Sharp Environment

&ref(): File not found: "20090406.JPG" at page "帝國の歴史/2009-04-06";
↑これ。

代替シェルの1つ。かなりスタイリッシュな感じに出来る。 Explorerよりも軽快な感じがする。

実際把握し切れていないので、詳しい解説できません。
突っ込みは最新の日記にお願いしますだ。

用意するもの

  1. Sharp Environmentの圧縮ファイル(7z形式)
  2. 7z形式を解凍できるツール(Lhazとか)

ダウンロード

公式サイトでダウンロード。
なぜかDownloadでは落とせず、トップのブログ?のリンクから行くことになる。

落としたら解凍。

インストール

解凍して出来たフォルダを開き、「SetShell?.exe」を起動

sharpE-1.jpg
↑これ。

起動したら「SharpE」をチェック(多分最初からチェック入ってる)

&ref(): File not found: "sharpE-2.jpg" at page "代替シェル/Sharp Environment";
↑これ。

OKを押すとなんか言ってくるので「はい」を選ぶと再起動する。
その時表示が変化する。やったー。

戻す場合

上と同じように「SetShell?.exe」を起動し、「Explorer」を選択しOKを押す。
あとは再起動後戻っている。あれまぁ。

ツールバーの設定

デスクトップにある「Configure SharpE」をダブルクリックするか、
右クリックのメニュー「Configuration」を押すと設定ウィンドウが表示される。

ウィンドウ左にあるメニューから「Toolbars」を選択すると、「Toolbar」と「Taskbar」が表示される。

sharpE-3.jpg
↑これ。

起動していると名前の横のアイコンが「△」になり、停止していると「||」になる。

  • Start:ツールバーを起動させる
    • Stop:ツールバーを一時停止させる
  • Enable:ツールバーを有効にする
    • Disable:ツールバーを無効化する
  • Edit:ツールバーに表示させる内容を設定する
  • ○:ツールバーを削除する

場合によってはツールバーを起動できない場合がある(自分がそうだった)。
そんなときは迷わず削除して新たに作った方がいい。
ちゃんと起動している場合、「Stop Disable Edit」と表示される。

上にある「Add」を押すと新しいツールバーが作成でき、
鉛筆マークを押すと選択しているツールバーの設定を変えられる。

sharpE-4.jpg

ここでの設定は共通。

  • Name:ツールバーの名前
  • Monitor:表示してる画面のサイズだと思う
  • Vertical Align:ツールバーの位置
    • TOP:画面上部
    • Bottom:画面下部
  • Horizontal Align:ツールバーの横軸の表示位置
    • Left:左
    • Middle:中央
    • Right:右
    • Full Screen:横いっぱいに表示

内容

「Edit」を押すと選択できる。LeftとRightの2箇所に設定可能。

sharpE-5.jpg
↑これ。

選択するとメニューが表示される。

  • Edit:選択した項目の詳細を設定する
  • △:項目を1つ上に移動させる
  • ▽:項目を1つ下に移動させる
  • ○:その項目を削除する

上部にあるAddを押すと新しい項目を作ることができる。

sharpE-5.jpg
↑これ。

  • Module:項目の内容。とりあえず判るものだけ。
    • ApplicationBar?:アプリケーションを登録できる
    • BatteryMonitor?
    • Button
    • ButtonBar?
    • Clock:時計
    • CpuMonitor?:CPUの使用率を表示
    • KeybordLayout?
    • MediaController?:WMPを表示させる。
      • 起動していない状態で押すとWMPが立ち上がる。
    • MemoryMonitor?:メモリの使用率を表示
    • Menu
    • MiniScmd?
    • Notes
    • Quickscript
    • SystemTray?:常駐ソフトを表示
    • Taskbar:起動しているタスク?を表示
    • VolumeControl?:音量
    • VWM:仮想デスクトップの切り替え
    • Wether:天気。

天気の設定

天気を登録するとその地域の天気と温度が表示される。
weather01.png
↑これ。
LocationとIDを入力すればいいのだが、Locationは国と都市名、IDはその国と都市の登録IDの事だと思う。
自分の場合大阪在住なので「Osaka, Japan」と入力(「Osaka,」と「Japan」の間に半角スペースがあるので注意)。
その後Find LocationIDをクリックするとIDが入力される。
それをAddで追加してやればおk。
これでツールバー(もしくはタスクバー)に表示されるが、最初は出てくるだけなので天気は表示されない。
ので、右クリックしRefreshを選ぶと表示されるようになる。

ちなみに登録されてる都市がわからない場合は水色部分左下にあるアイコンをクリックして、
表示されたサイトの検索窓に「Japan」とすれば都市名(の頭文字)一覧が表示される。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-25 (月) 12:42:58 (2673d)